スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
マドンナのコンサートに行った
225428364_245s.jpg


マドンナが来日していることすら知らず、
曲も、「like a virgin」と「MUSIC」しか知らないのに、
いいのかなー?と思いつつ、誘っていただき
ありがたく行ってきました。とっても、ついてる。るんるん♪
と、思いながら、お仕事先から、ぐったり、つらーっと移動。

東京ドームは初めてですが、回転扉を採用しており、
係の人がついて、一人ずつしか入れないという、
非常に効率の悪い入り口には、笑いました。

私たちの席は、アリーナではなく、座席の一番上(つまり後ろ)のほう。
ゆっくり見れてよいです。私の分までサンドイッチとカフェオレを
準備してくださっていて、ありがたく頂きました!(食べ物くれる人、大好き)
本当に何から何まで、ありがとうございます。

200609211947000.jpg


ご機嫌で、お話が盛り上がってましたが、ふと気付くと、
開演時刻はとうに過ぎているのに、なかなか始まりません。

もしや、マドンナがへそを曲げているのか、という憶測が飛び交う中、
真相は、あの回転扉にあることが判明。
つまり、一人一人入場させるのに、時間がかかりすぎて、
並んでる客をさばききれなかったらしい。
だせーな、東京ドーム。

開演予定30分をとっくに過ぎ、いい加減退屈してきたら、
アリーナ席が、にわかに騒がしくなりました。
始まる気配は見られないのに、なぜ?と思ったら、どうやら芸能人が
何人か来ているらしい。そして、歓声が最大になったとき。

「叶姉妹だ!!」

私たちの座っているスタジアム席でも、歓声が上がりました!
叶姉妹!!見たい!!私も双眼鏡をかしていただき、ガン見。
後姿しか見ることができませんでしたが、目立つ目立つ。
恭子さんは、真っ赤なドレス、スパンコールのせいか、周りのフラッシュか、
キラキラ光ってました。
美香さんは、ショッキングピンクのミニのドレス。
周りを複数の、グレーのスーツを着たメンズで固めて、最前列に歩いていきました。
二人とも、目を見張るほどお尻が大きかったです。
それしか印象に残っていないほど、大きなお尻でした。
あれは、一般人が真似したらヤケドするスタイルだ。と実感。

↓この塊の、一番前の赤っぽいあたりが叶姉妹。心の目で見ればわかる。
200609211957000.jpg


さて、たっぷり一時間以上待たされて、やっとマドンナ登場。
(マドンナのせいじゃないらしい。)

それから先は、怒涛のように時間が流れました。

舞台に突如現れた球体から、登場するマドンナ
男たちを、馬扱いか、犬扱いしてる、調教師のようなマドンナ
私みたいな浅い観客のため?like a virginを歌いながら、
棒に腰をこすりつける、マドンナ
musicも歌ってくれるマドンナ。
MCで、「This is my lastshow!!」と自ら盛り上げるマドンナ。
日本語の「ありがとう」などの発音もとてもきれいで、
英語も、あまり難しいこと言ってなかったので、勝手に好感持ちました。
例:「Ladies and gentlemen, FUCK YOU!」と中指立てるなど。

私は、マドンナをよく知らないので、十字架パフォーマンスには
かなりビックリしてしまいました。

誰がどう見てもキリストの磔刑。イバラの冠まで。

その後も、ムスリムのマーク、ダビデの星などが体に描かれた男性と
絡んだり、見ている者は、深刻にならざるを得ない。

こんなもん。堂々とやるなんて。

いかれてるくらい軽薄なのか、
思慮深い上に、とんでもない使命感と勇気があるのか、
どちらかには違いない。くらいはわかる。

当たり前?

マドンナは後者なんでしょう。
当たり前?

知らなかったんです。本当にびっくり。

マドンナ 

聖母 

だもんな。
私の小さい頃、多分マドンナが有名になった頃、初めてその名を聞いて
びっくりしたことを、思い出しながら、舞台を見ていました。
(幼稚園がカトリックだったから。)

色々、考えずにいられなくて、その後は、かなり深刻になっていました。
SORRYという曲中に、マドンナが言った

「ごめんなさい」と
“Forgive me.”の声が、

が、最後まで定期的に、耳元でフラッシュバック。なぜだろう。

私の11月の個展は、なにをコンセプトにしていくのか。
そうだ。

勇気だ。勇気。
自分を通す勇気。抵抗を恐れない勇気。それは信念から生まれる。


やっぱり、マドンナはすごいんだなあ。
という誰でも知ってるような感想を抱きました。

これも、皆知ってますが、体もきれいでした。
もっとムキムキかと思いきや、おっぱいとお尻がプリプリしてて、
可愛かったです。

これがラスト海外ツアーなんて、見られて、本当に良かった。

感動しました。
得たものは、大きいです。
本当に、ありがとうございます!
スポンサーサイト
【2006/09/21 23:34】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
不安的中
221627257_91.jpg


内山田主任と経理ファイブ
まだエントリーはされていませんが、始まったらよろしく!!

歌舞伎町スター☆公開オーディション


写真を見てわかるように、本番中に私が最も危惧していた、
「シャツが肉襦袢になる?」恐怖(前日の日記参照)は、
現実のものとなってしまっていたようだ。
シャツは、内山田主任からタダでもらったので、
こりゃーいいや、と思ったが、試着くらいすればよかった。

これは、ますますネット配信が楽しみだ。
私の予想が正しければ、非常に可愛らしいお相撲さんとして
映っているはずだ。

(以下は、非常に苦しい言い訳が続くので、息苦しさが、
 健康を害するという考えの人は、読まないほうがいい。
例:
 一分以上潜水すると息苦しさを感じる方、
 百段以上の階段を登ると呼吸が苦しい方、
 ブログで内山田主任と経理ファイブの記事を見ると、
 それだけで、息苦しくてたまらない方など。)

最近知ったが、私のボディサイズはブリトニー・スピアーズと
ほぼ同じなのだ。
(この事実を指摘してくれた、友人Nさんには、
 私でさえ、その日以来、全幅の信頼をおいたことはない。)

念のために言うが、妊婦の状態の彼女と一緒では、断じてない(はずだ)。
さらに、ほぼ同じの定義が、10cmあるいは10kgの誤差を認めるものではない(はずだ)。
この件に関しての、私の必死さは、恐妻家宮本サン
自分の活動を、家族に隠す必死さに、通ずるものがある。

早急にブログ上で誤解をとくために、ビキニ姿を披露したらよい。
という意見が上がったが、今、私の胸一面には、猫の引っかき傷があるのだ。
(脱走した猫たちを救うための、名誉の負傷)
変なプレイにはまっているという、新たな誤解を引き起こす可能性がある。
それにより、今回のプロジェクトで失ったアクセス数を取り戻すのは、
私の本意ではない。

まあ、あせることはない。

少なくとも、今月中に二度、プロのフォトグラファーに
撮影をして頂く機会がある。
そのうち一枚くらいは、ありのままの私(前日の日記参照)
を写し取ってくれるはずだ。

さらに、「オーディションの日は体調が悪かったんだね」
と言ってくれる善意の方の言葉にも、ショックを受けた。
その発言の原因は、あの日、私の目の下に刻まれたクマにある。

それに対する解説としては、
常日頃、カラオケを(忌み嫌うの一歩手前くらい)遠ざけているのに、
突然、初対面のオッサン紳士三人の、
カラオケ大会三時間に、付き合う羽目になった人の
疲労困憊具合を、想像してくれれば、
あの時の、私の疲労度もわかってもらえるはずだ。

万が一わからなければ、仮にオーディションの後、
恐妻家宮本サンが帰宅すると、 奥さんが玄関で待っていて、

「今日、歌舞伎町でアナタそっくりのアフロを見かけたんだけど。」

と、言われ、そのまま膝を交えて3時間(この場合30分でもいい)
話し合うことになった場合の、疲労困憊度を想像して欲しい。

小林サンにはお疲れメイクをして欲しい」と、いう要望が、当日になって、
主任の口から出る必要がなかったのも、理解できそうなものだ。

さて、もう気が済んだ。
私の長所は、切り替えが早くて、潔いことだ。
自己防衛のために詭弁を弄するような人間を、
最も軽蔑している。

改めて、だが、
内山田主任と経理ファイブのパフォーマンスは最高であった。
楽しかったし、見ている人たちも、楽しかったのは間違いない。
聞いた話では、過去最大の観客動員数と盛り上がりだったらしい。
紅白には、青組で出演することが内定しているが、
黄組(きなぐみと読む)で出演することも、夢ではない。

成功の一因は、私扮する小林サンが、カラオケ大会で
ため続けた鬱憤を、100分の一程度は発散することができたことだ。
だからといって、今後の練習がは長くても一時間
(カラオケルームに缶詰の場合)が限界だ。

今、最も不安なのは、かのグループがこのまま売れっ子になり、
メンバー全員のソロソングを収録する運びになることである。

小林サンは、男を狂わせること同様、
リズムと音程を狂わせることにおいても、人後に落ちない。

しかし、そんなことは、今の私が心配することではない。
私にできることといったら、速やかにブログを改ざんし、

「昨日のクマは、描きました!!」

と、事実を捻じ曲げることくらいだ。
【2006/09/18 23:02】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
オーディションの報告☆
*ネット配信と投票は、来週中らしいです!
 今日からだと思ってました。ごめんなさい!!
 アルタの画面でも、ダイジェスト版一分が流れます。
 またお知らせしますので、ブログを見に来てくださいね!*


午前11時45分集合・時間厳守。
内山田主任と経理ファイブ
初めての全員の顔合わせは、そこから始まるはずだった。
出かけようと思い、いつものように猫たちの所在を確認したが、
ぱむ(白猫)とゆめ(さび猫)の姿が見えないので、胸騒ぎがした。

脱走である。

しかも、キリちゃん以外の二匹の脱走は、初めてだ。
散々てこずったが、なんとか戻ってきた。うちの猫たちは、
私の甘い声には弱いのだ(例:「煮干をあげるから。」)。

私は負傷し(何年かぶりのたんこぶ)、猫たちは煮干をよこせと
騒いでいたが、約束の時間はとうに過ぎているのだ。
第一、煮干のストックが切れたことは、三日前に宣言したはずだ。

私は猫たちの機嫌をとれるだけとって、新宿に急いだ。
その先に待っているのが、リハーサルと称した
三時間にも及ぶカラオケ大会だとは知らずに。

そもそも、内山田主任と経理ファイブはプロの集団なのだ。
お絵かき担当の、私と加東画伯はプロの画家だし、
リードボーカルの前川サンはプロの整体師でありながら、
サラリーマンだ。
プロデューサー兼コーラス担当の宮本サンは、出版経験もある上、
プロの恐妻家として、顔出しを異常なほど恐れ、このような、
誰よりも目立つ、いでたちにならざるを得なかったという。

miyamoto.jpg




このプロの集団が、リハーサルに、三時間以上も必要なのか?と、
たんこぶを作る前に、疑問を挟むべきであった。

私は歌わないので、三人の熱唱を聞きながら、
ひたすら、肌荒れが三時間で治る方法について考えていた。

さて、やっとの思いで本番の時間が近づいてきた。
本当に長い道のりだった。その間に、総勢四人の私たちに対して、
親衛隊が、三人も集まってきた。

私たちの前には、三十路のアイドル「フリルピンクちゃん」が
歌って踊っていた。
無茶なピンクフリルのメイド服を着用しており、なかなか可愛い。
さらに、小室哲哉を少々たるませたようなマネージャーまで
引き連れている。最近のコムロを見ていないので、本人かもしれない。

しかし、心無い通りすがりが、「なーんだ不細工な女だな。」などと、
見当違いな野次を飛ばしたので、その倍以上の声で、

「えー、可愛いじゃん!華原朋美と同じくらい可愛いよ!」

と言ってやったら、幸いなことに野次馬は黙った。

とっさに朋ちゃんの名前が浮かんだのは、マネージャー氏が
コムロ似だと思ったからだが、周りにいた人たちも、
「絶妙の例えだ」と言ったことから、薄々コムロの影は感じていたはずだ。

フリルピンクちゃんの応援をして、バックで一緒に踊り、
もしかして彼女の応援にここまできたのでは?
と、思い始めた頃、私たちの番がやってきた。

ちなみにフリルピンクちゃんは、私に向かって、しっかり目を見て、
「ありがとうございました!」と言ってくれた。
(野次馬を撃退したことを、コムロ似が告げたのかもしれない。
 朋ちゃんより可愛いと言ったことも、伝えてくれただろうか。)

内山田主任と経理ファイブにおける私の役割は、
金魚を一匹描き、気が向いたらコーラスに参加
する(フリをして)、宮本サンのそろばんを奪って、
リズムを取る(フリをして、前川サンのリズム感を狂わせる)。
という非常に重要なものである。

重要度で言うと、主役の内山田主任と並んで重要な、
リードボーカルの前川サン、を差し置いて目立っている、
宮本サンの次くらいだ。

本番中、歌唱力には非の打ち所がないが、心地よい声かといわれると
答えに詰まる前川サンの歌声を聞きながら、
私は、やっとのことで、自分の画面映りが気になり始めた。

顔には、熱の後遺症のブツブツが、隠しきれないほど出たままだ。
上着には、サイズのよくわからないシャツを着ているため、
二人羽織のようになってしまい、豊満なバストも
くびれたウエストも疲労じゃくて、披露する機会に恵まれていない。
このシャツがジャストサイズと判断された場合、
肉襦袢の役割を果たす恐れがある。

不安要素は、次から次へと浮かんでくる。

「薄幸そうなイメージのため、目の下にクマを描いて欲しい」
と言う意見は却下したが。猫の脱走と、カラオケ大会に疲れ果て、
描いてもないのに、目の下のクマが標準装備されている。

昨夜、必勝祈願で食べたカツカレーが功を奏し、顔が(全身も)
むくんでいる気がする。(この、顔や全身がむくんでいる気がする。
というのは、ここ一年ほど都合の悪い時には、必ずそう思うことにしているので、間違いないのだ。)

しかしそもそも、私の演じる小林サンは、有限会社歌舞伎町商事の
経理担当であり、夜は女王様であり、疲れていてやる気がない、
という設定なのだ。
そこまで画面映りが良い必要はないように思う。

少なくとも、

グラビアアイドル並のスタイルを誇り、
女優にしてもいいような美貌と演技力だが、本人には
そのつもりはなく。
ひたすら、絵画に打ち込むひたむきさと、
ちょっとした遊び心を持った、
大人の色気と、少女のあどけなさを残した女性
として映っていさえすれば充分なのだ。

一言でいえば、普段の、ありのままの私が映っていれば
何の問題もない。

しかし、今日の衣装、健康状態、天候、内山田主任と経理ファイブ
の記事を書くと、ブログのアクセス数が激減するという事実、
宮本サンの恐妻ぶり、などから論理的に分析した結果、
ありのままの私が、画面に現れている可能性は、低いと考えられる。

このような深い洞察を、3分30秒の曲中に行った私は、
真剣に不機嫌になり、プロデューサー宮本サンと、観客に対して
理不尽な怒りを抱き、ひたすらガンを飛ばしているうちに、
フィナーレを迎えた。

*ネット配信と投票は、来週中らしいです!
 今日からだと思ってました。ごめんなさい!!
 アルタの画面でも、ダイジェスト版一分が流れます。
 またお知らせしますので、ブログを見に来てくださいね!
 そして、今日描いた絵は、新宿の中華料理屋さんに
 飾ってもらうみたいです。画像3参照。
 すごく美味しいので、一緒に行く人募集(勿論おごれよ)。*


200609161915000.jpg



200609162002000.jpg

【2006/09/16 23:55】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
明日は歌舞伎町に集まろう!
108324544_101s.jpg


とうとう明日が本番です。

9月16日(土)17:00
歌舞伎町に新たな伝説が生まれる・・・・・。

開催場所:
新宿放送局サテライトスタジオ
新宿ミラノ座1階(歌舞伎町シネシティ広場近く)

新宿コマ劇場前を、5万人の群集で埋め尽くしてください!
プロデューサー談

ステッカー プレゼントのお知らせ

108838999_59s.jpg



我が「内山田主任と経理ファイブ」のタニマチである
(有)アトム工房 鈴木社長様が、
「内山田主任と経理ファイブ」オリジナルステッカー
を作ってくださいました。

ということで、鈴木社長のご好意に甘えまして、
いただいたステッカーをまだ見ぬ親衛隊の皆様に、
還元させていただきます。

[ステッカー配布場所]

9月16日(土)16:30
新宿放送局サテライトスタジオ
新宿ミラノ座1階(歌舞伎町シネシティ広場近く)

先着15名の方に差し上げます(一人1枚)!!!
※数に限りがありますので、お早めに!!


(CM)-----------------------

イカした看板、ステッカーのことなら
(有)アトム工房におまかせください!!!

我らがタニマチ鈴木社長が経営するイカした会社↓
(有)アトム工房
看板製作取付・ステッカー製作・デザイン提案・バイナルグラフィック(自動車外貼装飾)
【2006/09/16 00:02】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
メンバー紹介
108324544_249s.jpg


気付いたら、もうオーディションは明後日だった。
内山田主任と経理ファイブのメンバー紹介をしなくっちゃ!

紅白を目指す!!とか言ってますが、もちろん冗談です。
実際のところ、紅白には青組で出演することが
内定している、内山田主任と経理ファイブです。
*注:私は(笑)とか-中略-あなたの良識に-後略-*

わたしたちのテーマは、ずばりエロくてキモイ「エロキモ」

加東さん以外のメンバーに会ったことがないので、はっきりとは言えませんが
「エロ」の担当は、私以外に居ないというのは、断言できます
(最近、戯れに受けた日本語力テストが、非常に難しかったのは、
 話し相手が猫か、自分と同年代の男女か、若い男女か、
 年上の男女かしかいないせいに違いない。
 その中には文豪が含まれないのだ。)

以下、プロデューサーさんの紹介に、
私が手を加えたものです。↓
*****************************

皆さん、すでにお気づきのとおり、このユニットは
「内山田洋とクールファイブ」にプロデューサー氏が
捧げるオマージュなのです。
*とか言われても、私もよくわかりません。よく知らない人は、
 私と同じように検索するがよいでしょう。*



内山田主任と経理ファイブメンバー紹介

[パフォーマンス担当]
内山田主任加東和さん)・・本業は画家
※妻にも逃げられた窓際主任。
「思い出づくり」のためにユニット結成という設定。

小林サン私:蓮尾まいこ)・・本業は画家
※昼はOL、夜はSMの女王様という設定。に、勝手になってたので、
 当日ちょっと怒っているフリでもすれば、少なくともうまい棒くらい
 もらえるんじゃいか、と思っている。
 実際は、皆さんもご存知のように、昼も夜もフツウに女王様ですよ。
ムチも無知も振りかざさずに、あなたを夢中に・・・ 。


[リードヴォーカル担当]
前川サン(まつばらだんぢさん)・・本業はサラリーマン。武闘派&舞踏派
※空手&棒術の達人。熱血社員。
実際もその通りみたいです。会ったことないから。。


[コーラス担当]
宮本サン(イソノカツオさん)・・本業はサラリーマン。脱力系
※食べることと巨石鑑賞が大好き。無気力社員。
実際-後略-。

[不参加組](架空の設定:スペースの関係上)
森本サン → 今年の6月に第一子誕生。育児休暇中。
岩城(茂美)サン → 会社から3千万円横領し逃亡中。

[参考資料:内山田洋とクールファイブ]
内山田洋
前川清
小林正樹
宮本悦朗
森本繁
岩城茂美

**************
【2006/09/15 00:03】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
絵描きのニッキ


脱皮を待つ龍の子ニッキ

プロフィール

蓮尾麻衣子

Author:蓮尾麻衣子
日々の表現について

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アフィリエイト・SEO対策 FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 JAOS認定留学カウンセラー 養成講座 DHCロゴ 伊勢丹 コスメ・コム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。