スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
これはナンパではない


昨日の我が腹は激痛を訴えていた。訴え通しだった。

なんとかかんとか半日をやりすごした帰路。

全盲?の男の子(つっても大学生くらいか)が立ちすくんでいた。
往来の激しいブクロ東口付近。

「どうかしましたか?どなたかと待ち合わせですか?」
というと、
『いいえ、待ち合わせではないんですが。』とすぐ反応があった。
ひとまず対人に問題のない子だと思った。

「迷っちゃいましたか?道案内しましょうか?」
『いいえ、迷ったのではないのですが。ずっと歩いてきて、不安になってきてしまったので、ちょっと落ちつこうと思ったんです。』
「あ、そうですか、すみません。私行ったほうがいいですね?」
『いいえ、声をかけてくださって、ありがとうございます。
ぼくの後ろが池袋東口で、間違いないですか?』
「ええ、まちがいないですよ。」
『よかった、あの、だんだん不安になってきてしまって、
 あの、おねがいがあるんですが。』

彼のお願いは、自分の右目の下と、左目の上を私の親指で力強く押してほしい。
というユニークなものだった。そして私はひるんだ。

「えーと、ちょっと怖いんですけど、どれくらいの力で?」
『結構強くていいんです。そうすると落ち着くんです。』
「そ、そうですか。これくらい。」
と、彼のまぶたに手を載せると、彼が私の手をとって、ぐーっと強く自分の眼孔に入れていく。

「痛くないんですか?」私は怖かった。目が飛び出そうなくらいだったから。
『大丈夫です。ありがとうございました。声をかけていただいて、
ありがとうございました。』
と、彼は繰り返した。

「道はわかりますね?大丈夫ですか?」
『大丈夫です。ありがとうございました。』
「そうですか、では気をつけて。」

私はその場を立ち去った。10歩も歩けばふくろうの交番もある。
まだ明るい。割りと開けてる子だから、大丈夫だろう。

そういえば、ずっと前の雨の日、びしょぬれで車椅子に乗った男性に声をかけた。ホームレスの方のようにも見えた。
「大丈夫ですか?何かお手伝いしましょうか?」
というと、彼は、何事かというふうに、大きな声で
『ハ??』と聞き返してきた。
「あの、雨がひどいので、どちらかに行かれるようでしたら、
 お手伝いさせてください。」
『あ、イエ、いいです。』
はっきり断られた。
「えーと、でも。大丈夫ですか?」
『いいです。』
またもやはっきり。びしょぬれでもキッパリ、私の助けは要らないということだった。

必要のなかったとわかっても、声をかけて損はない。

今回の若い男の子は、「声をかけてくださってありがとうございます。」と、何回も言ってくれたのだから。

しかし、見えない相手に、自分の目を強く押してもらうなんて、
ずいぶん人を信頼できる子なんだな。と今思う。
私のほうが怖かったくらいだ。
それとも、それが彼にとっても信頼の儀式?
人を受け入れる強さを持っている、自分への信頼につながるのかしら?

などと、今、思ってみた。

私は教育実習の時は、文京区の盲学校にお世話になったので、
池袋に目の不自由な若い子が遊びに来やすいのも知っている。
もし、寄宿舎まで道案内することになったら、私の腹の状態から、
それは可能だったかな?とも思うと、結構不安だった。
スポンサーサイト
【2007/07/26 21:30】 | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
絵描きのニッキ


脱皮を待つ龍の子ニッキ

プロフィール

蓮尾麻衣子

Author:蓮尾麻衣子
日々の表現について

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アフィリエイト・SEO対策 FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 JAOS認定留学カウンセラー 養成講座 DHCロゴ 伊勢丹 コスメ・コム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。