スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
蓮尾麻衣子創作「大蛇山のお話」 テキスト
その昔、今の大牟田市には、
大蛇の神がおりました。
しかし、煩悩の多い神であったため、
毎年の人身御供に、悲しんだ人の心と
諸天の力によって、大蛇はその身を三つに裂かれ、
三つの池が、山に生まれました。
そして、その山は三池山、その場所は三池の里と呼ばれました。
それから、幾年かの後。

里は、ひどい日照りに悩まされておりました。
雨は降らず、川の水も枯れ、草花も、稲も、
人々までも、枯れてしまいそうなほどでした
そんなある日。
ある村人が、山から、龍が昇るのを見ました。
そして、その日、カンカン照りだった空に、
にわかに雲が現れ、今にも雨が降りそうな気色です。

人々は空を見上げ、雨粒が落ちるのを、
今か今かと待ちわびました。
三日三晩、空は曇りましたが、雨はふりません。

村人たちは、こんなことを言い始めました。

「お山にいらした大蛇の神様が、怒っていらっしゃるのではないか?」
村には、幼い頃に両親をなくした、若い兄と妹がおりました。
二人は、その晩、ひそかに心を決めたのでした。

「お兄ちゃん、私たちが、今日まで生きてこられたのは、
 村の人たちの、おかげだよね。」と、妹が言えば。

「お乳を飲ませてくれたおばさんや、
食べ物を分けてくれる、おじさんたちがいなければ、
僕たちが、ここに、二人でいることはなかったろうね。」
と、兄も言いました。

村人たちへの恩返しになるならと、二人は自分たち自身を、
人身御供として、大蛇の神に差し出すことに、決めたのでした。

その夜のうちに、二人は山へ行き、大蛇の神の体から出来たという
池に佇んで、祈りました。

「大蛇の神様、このままでは、私たちの里は、地が枯れ、
稲も、草花も枯れ、そして人までも、ともに、枯れて絶えてしまいます。
どうぞ、雨を降らせてください。」

「あなたの力をつけるためなら、どうぞ私たちを食べてください。」

すると、池から、金色に輝く龍神様が現れ、二人を見下ろして言いました。

「私は天かける龍になったのだ。人を食らうことはない。」

二人は、その神々しさに、見とれ、畏れながらも、こう言いました。

「しかし、龍神様、このままでは本当に里が滅びてしまいます。
 私たち兄妹は、幼子のうちに親を失くし、血のつながらない里の人々に
 よって、養われました。どうか、この里を助けてください。」

二人は口々に、龍神様に訴えました。

龍神様は、まばゆい光を放ちながら、二人をじっと見下ろしています。

「ややっ!!これは!!」

気づくと、たくさんの村人たちが、池に集まってきていました。
村の大人たちは、夜を徹して話し合い、
大蛇の神を、盛大にお祭りすることによって、
雨を降らせてもらえないだろうか、
と、お願いしにきたのです。
龍神様はゆっくりと話しはじめました。

「私は、大地を這う大蛇から、天かける龍になり、雲を集めた。

 雨を降らせる前に、あなたたちの願いを聞かねばならなかったのだ。
 あなたたちは、誰か一人を犠牲にするのではなく、
 心を一つにして、かつて恐れていた私の前に現れた。
 それを待っていたのだ。もう私を恐れなくていい。
 
 私は、すべての水の源であり、
 あなたたちはすべて、我が子だ。
 私は、母のない子の母であり。
 父のない子の父であり。家のない子の家である。
 あなたたちは、いつも今日のように、
 補い合い、助け合い、励ましあいなさい。
 
 それを忘れない限り、私はいつでもあなたたちに、
 恵みの雨を降らせるだろう。」

親のなかった兄と妹は、龍神様に我が子と言われ、泣き出しました。

「あなたたちが私を祭るのなら、
 私はその時、大蛇の姿に戻って、地を這い、
 地上の魔もはらってあげよう。」

「あなたたちが私を祭る時、私の口に子供を差し入れ、
 その子が泣いたら、その時に、龍の子であることを
 思い出すだろう。
 泣かなかったら、その子は龍の子であることを、
 忘れたことがないのだろう。」


村人たちは、涙を流し、いつも龍神様への感謝と、
お互いを愛する気持ちを忘れないこと。忘れないためにも、
年に一度、大蛇の姿をした龍神様のお祭りをすることを、誓いました。

それが大蛇山です。

********************
HP http://www.k3.dion.ne.jp/~pittura/
にあたらしいページを作りたかったんですが。ダメでした。
更新できーん。

ということで、やっぱりこちらに。

しばらく、一番上にくるように、設定してみる。
スポンサーサイト
【2007/12/27 13:34】 | 絵仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) |
大事なお知らせですよー
寒いですね!!夜は寒すぎて絵も描けやしません!!
この寒い冬のために大枚はたいて買った(五千円以上)、
ワインレッドの光る素材のダウンコートが、巣鴨あたりのおばちゃまっぽい
ことに、やっと(一週間くらい着た後)気付いて、3秒くらい絶望しました。
うすーい毛糸の帽子とか、すごい似合いそうです。。。
部屋用にしよっかな。。

さて、気をとりなおして、
ブーケを引き当てたので、
「ブライダルエステに通わなきゃ!間に合わないッ!」
と大騒ぎし、「相手を見つけなさい。順序が違います。」という周りの
冷静な声が耳に入りません。
そんなこんなでおしらせです。

*****************************

↓グループ展のお知らせです
[m:66]

12月17(月)~12月24(月)
12時~19時 最終日は17時まで

10人くらいの作家によるグループ展です。
私は会場には毎日はいきません。


ギャラリーLaMer  
銀座奥野ビル 

東京都中央区銀座1-9-8
奥野ビル205
TEL・FAX03-5250-8108

ギャラリーLaMer

今年もカレンダー作ります!
表紙と、二ヶ月で一枚で合計7枚綴り、1500円送料別。
予約してくださったら、ちょっとしたおまけもつけようかと考え中。

友人の協力もあって、昨年のような惨劇にはなりません。
ご注文おまちしてまっす☆
*****************************

昨日は、他人(ヒト)に対して無意味に腹を立てたりしたので、
肩こりがひどい。

最近、私は10年前だったら、絶対に大嫌いだったタイプの女の子と
仲良くしている。(そしてその子は10コ上)
こういう変化を大事にしたいし、前の失敗を元に、良い人間関係を
築くチャンスが与えられて嬉しいです。
ありがとうございます。
【2007/12/07 18:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
はじめてのことばかり☆
hana


今日は、友人の結婚パーティーで司会の大役をつとめさせていただきました!!
ぶっつけなので、カンペ片手に終始カミカミ王子(性別がちがうけど)でした。
本人は結構楽しかったのですが、お付き合いいただいた皆さんありがとうございました。

パーティーの前の結婚式にも呼ばれているのを知らず、
あやうく間に合わないところでした。
なんかお腹すいて近くでハンバーガー食べてたら、恐い声で電話が。。
新婦のご両親には申し訳ない気持ちでいっぱいだったけど、
やさしくお話ししてくださって、救われました。

パーティーでの私は、司会をしながら、目にも止まらぬ早食いで、コース料理を完食。
ブーケプルズ(トスじゃなくてリボンでひっぱるの)で、なんと大当たりー☆
新婦のお母さんの手作りのアメリカンフラワー?
薄ーいプラスティックみたいな花束で、すっごいキレイ!
嬉しいです☆
楽しかったです!
こんな大事な役目をいただいて、ありがとうございました。
末長くお幸せに☆

【2007/12/01 17:56】 | 人に会う | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
絵描きのニッキ


脱皮を待つ龍の子ニッキ

プロフィール

蓮尾麻衣子

Author:蓮尾麻衣子
日々の表現について

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アフィリエイト・SEO対策 FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 JAOS認定留学カウンセラー 養成講座 DHCロゴ 伊勢丹 コスメ・コム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。