スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
親戚からの苦情
k


とてもお世話になっている親戚のおじさんから、
「いくら山口絵里子さんを好きでも、あの写真はひどすぎる。消したほうがいい。」

と電話で言われた。

ともだちからも同じこと言われましたけど、
親戚ってとこがイタイ。

でも、山口さんとのツーショットはこのまま載せときたい。

そのうち、可愛くして撮るので、とりあえず、今とった画像をのせます。
けど、花粉の飛んでるうちはお化粧できないので、これくらいで許してください。

前髪のびたなあ。
スポンサーサイト
【2008/03/21 22:05】 | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(0) |
イライラをなくす方法(しかしながらワタクシ限定)
なんかイライラする。
月経前というのもあるけどね。

人の言うことやることに、いちいち、イライラする。
それは、自分にいらついているからだ。と分かるものの。

花粉症のせいもあるけどね。

好きな人(たいてい女性だ)だと余計、
知らないうちに「この人はすばらしい」という期待があるからか、
余計にイライラする。

春だから、ってのもあるけどね。春は毎年弱るから。

イライライライラ。

仕事の電話で英語の分からない人たちも、
「蓮尾さんが怒ってて怖かった。」と言われるほど、
お客様とやりあう。
(いえ、相手にあわせてただ早口になったけですよ。アハハ。)

イライラする。

さて。

絵を描く。

お?

おお?

救いの手が。

おおお?

おおおお?

私が見せたかったものは、これか?

おおおおおおーーーー。

気分高揚。

おほほほほほほーーーーー。

アゲアゲ。

うひゃひゃひゃひゃひゃひゃ。
こりゃもう、完成したも同然だ(←絶対ちがう)。

ああ。
ああ、私は幸せものだ。
ああ、私はなんて恵まれているんだ。
ああ、ああ、ありがたい。
私が絵を描くのを、喜んでくれている。






私たちは最高に恵まれていた。

Iさんがいつも一緒だった。
大学のアトリエで。

私たちは、一年生の時いつも、専門の実習でビリ争いをしてた。
私は専門科目で入学してないから、みんなに追いつきたかったら
もっとがんばれよ、という当たり前のことにさえ、ぶつかっていた。
Iさんは、そういうこずるい手を使わずに、入ってきてたけど色々ぶつかってた。

大きな油絵を描くようになったら、Iさんの絵はすばらしく良かった。
私は、どうしていいか、わからなかった。
何を、どんな風に、描いたらいいんだ。
それは今も思いますが。


だけど、同じアトリエに、Iさんがいて、口をとんがらせて、
ステキな絵を描いてた。
午前三時くらいまで、二人でフラフラと余計なおしゃべりをしながらも描いてた。
6時間後くらいには、また同じ場所で絵を描いてた。

お互いに言い合った。

「今、私たちは最高に恵まれた環境にいる。」

好きなだけ絵を描いていい、好きなだけ好きな絵を描いて、
先生たちからも褒められちゃう。

「こんな、恵まれた環境は人生で今だけかもしれないから、がんばろう。」

と言い合った。




私は。

絶対に画家として成功すると。
心に決めていたから、今より恵まれた環境を作ってやるぞと、
あの頃ひそかに思っていた。

だけど。

今は、一人の空間で描く。

うっかりすると。

この部屋の中で描いた絵。

しか描けなくなると、思ってないと、しか描けなくなる、恐れがある。
と、恐れつつ。



同じ空間に、Iさんがいた時、「ああコレも今だからあること」と、
幸せを噛みしめた。

そして彼女には、油彩筆を握らない人生が、今はある。
(先のことはわかりません♪)

私は、こんなに弱いし、甘えているし、勉強もいっぱいしたほうがいいのに、
どのツラさげて、このツラで描き続けているとは、ビックリな人もいるでしょう。

なんでイライラしていたのか(ここで話をもどす強引な作文)
といえば、絵をしっかり描いていないから。
描けてない自分に、イライラ。

イライラしていた。

絵を描いていないから、じぶんバリアーが弱くなって、
人のすることに過剰に反応するのさ。

あの時のように、幸せに。

仲間と同じ空間にはいないけど、あの頃のように、

幸せに感謝しながら、生きることに感謝しながら、

すべてに感謝しながら、愛しながら、絵を描けるかな。

描けるよ。描いてると、私は少し賢くなれるような気がするなあ。
【2008/03/21 01:18】 | 絵仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
恋のチカラ
ちょっと無理をすると?熱がでるようです。
でも大丈夫、絵を描けば下がります。
また引きこもり気味ですみませんでした。

お友達が恋の病にかかりました。
お相手は田辺誠一さんに似ているとか。ホントかよ。
そんなの私も大好物です。

そんな私も、恋に落ちました。
マザーハウス社長 山口絵理子さんに。

情熱大陸見ました。
私、この番組に年下の方が出てると、モウレツに嫉妬心が暴れるんですが。
もうね。TVにむかって問いかけるのみでした。
「どうして?どうしてそんなことができたの??」と。
で、今検索したら。
3/18 入谷店にいるって?今日ですか?

なんと、今日も発熱してますが。

*************************

数時間後

入谷の駅からの地図をメモってこなかった。
やっぱり熱があって頭がうまく動いていなかったのか。

もう一度駅に戻れば、多分頭の中の地図通りにたどり着ける。
でも自分は地理に強いという自負と、歩くことの楽しさに、
20分ほどムダに歩くまで駅に戻る気がしなかった。
「しかし、店が閉まってしまったら元も子もない。」

駅から歩いて、通常なら5分で着く。
目立たない道にマザーハウスの一号店はありました。

私みたいな人でごった返してるかも、と思ったけれど、
お客さんは5人くらい。
私は熱でぼーっとしていたけれど、レジの奥に山口絵里子さんを
見つけました。
お客さんとお話ししている声は、情熱大陸で聞いたのと同じ、
低めの心地良い声です。

さて、第一に、私はバッグを買いにきたのです。
ドイツに行くために、肩がけの、大きくて丈夫なバッグが欲しかった。
ぐるっと店内を見渡すと、カジュアルな可愛いバッグとお財布?が数点。
すぐに、私の求めるバッグがありました。
大きい。肩がけ。そして軽かった。

私はチョコレート色のそれを一目見て気に入り、あわせてみました。
一応、他の色も合わせたけれど、やっぱりこれが一番。

15800円です。
私にとってはね、大金なの。
基本的に一万円以上の大金は、日本製のものに使いたいのです。
made in Japan なもの、 made by Japanese expert なものを買うことは、
私の心を楽しませるし、豊かにしてくれるから。

でも私は、山口絵里子さんに恋してしまったし、バッグを買おうと
してたら、その人から直接買えるタイミングで出会ってしまった、
このタイミングにも恋してしまった。
それに、15800円、持ってた。

レジに入る彼女に、
「情熱大陸を見たの!バッグを買おうと思っていたから、ここで買おうって思って、
それで今朝はじめてHPを見たら、ここにいるって書いてあったから、
来ました!」
と、言って握手をして本にサインをしていただきました。

まあ、ムダにプライドの高い麻衣子さんが、年下の女子にこんなこと。
って思われるでしょうが、まいこさん、けっこう素直なんですよ。

マザーハウス、ドイツにも出店予定があるということで、
「草の根で宣伝しておきます♪」とえらそうなことを無邪気に言い放った私を、
店の外までお見送りしてくれました。

そこでツーショット写真までお願いし、「UPしてもいーい?」と聞いてみました。
うれしくて、今日熱で休んだために迷惑をかけた親友に、
画像をメールしたら、
「まいたん、お熱で顔が別人になってます無理しないで。」
とさらに心配されました。ごめんね。ありがとう。


bag


迷いもなく買ったこのバッグの型番を彼女の著書に見つけて、恋する私はまた喜んだ。ぱむも喜んでます。


fukuro


このコットンの袋、というがバッグに入れてくださいます。
これ、搬入にいいよね。8号額入りくらいは運べそう。

eriko

右は間違いなく私です。
顔が土気色にはれているのは、熱と花粉症のせいです。私です。
【2008/03/18 22:32】 | 人に会う | トラックバック(0) | コメント(0) |
ベルリンの宿・値引き交渉
長くわずらいました。元気になったかと思いきや、しつこかった。
しんどかったです。
ようやっと光が差し込んできた。きらりーんとおもったら。
締切まで、もう、あと20日!!

ベルリンの宿くらい、ユースホステルとかで安くすませたい気はしたのだけど、
ああ麻衣子は一人旅で、知らないひとと一緒の部屋とか、
お風呂トイレ共同とか、ちょっと無理かも。
でもユーロ高いし。
と、いうことで。

「私は日本人アーティストです。
 ベルリンにはグループ展に参加するために参ります。
 画家です。
 部屋を安く提供してください。」

という内容のメールをアートホテルに送ってみる。

「30ユーロ引きにしてやる。」

というメールが来たので、
「朝食もつけてくれたら、I'll greatly appreciate your kindness!」

と送ってみたけど、お返事がないわ。

ミュンヘンからNちゃんが来てくれる
ので、一緒に探してもらってるけど、よさそうなトコで
満室ってのが結構多い。

直前になったら、安く空室が出たりするかな?
ともおもうけれど、やっぱりホテルって結構な値段になるから、
なるべく便利で雰囲気のいいところがいいのでしばしPCとにらめっこ。
そんなことしてたら、あっという間に3時間くらいたっちゃって!

おーっと、その前にオレは制作しなきゃなんねーんだ!
せっかく元気なときに、なんとか動かんと!
【2008/03/05 17:09】 | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(0) |
オメデタイ人
昨日は、お昼にブクロを奔走して、休み時間ギリギリに
お弁当買ってかっこんだら、またゲロリン。

インフルエンザでまだお疲れなんでしょうか?と思ったが違った。
月のイベントデーには、油物がちょっと苦手なんですね。
ずいぶん今回は気の早い訪問だ。そしてぐったりだ。

しかし、お手洗いに皆さんが集中している時間帯に
ゲーゲーやってたので、あらぬ疑いをもたれたようだ。

ちがいますよ。

おめでたい生き方をしているのは確かですが。

今日は、腹も頭も痛い。
絵仕事も進まない、こんな日はハケンで稼ぎたいものですが、
そうもいかずに、家にて寝込みます。

こ、効率が わ る い。

しかし、ワタクシはひそかに思うのです。

やりたいことがいっぱいあるのに、
体調を崩しやすい、ひと。
女子で月経が重かったり、
ちくしょー、オレが、男だったら安宿に住んで、ボロボロの格好してでも、
もっとやりたいことができるのに!と心で叫んだことのある女子たちに。

このおかしいくらい体調をくずしがちなワタクシでも、
(人に甘えつつ)なにかしらのことはできるんだわ♪
って所をお見せできれば、私にとっては良いことだなあ。と。

昔は、自分を責めていました。
人の三倍動けなきゃ(努力しなきゃ)いけない道を選んだのに、
人並みにも動けないんじゃあ、生きていけないな。って。
生きてる意味がないな、って。

昔のワタシは、なんて偉そうなことをお考えだったのかしら?
と今では思います。

と、いうことで、昨日今日、全く仕事すすんでませーん。
あひゃひゃひゃひゃ。
【2008/03/01 22:23】 | 今おもうこと | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
絵描きのニッキ


脱皮を待つ龍の子ニッキ

プロフィール

蓮尾麻衣子

Author:蓮尾麻衣子
日々の表現について

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アフィリエイト・SEO対策 FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 JAOS認定留学カウンセラー 養成講座 DHCロゴ 伊勢丹 コスメ・コム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。