スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
絵を描く時
視覚の欲求を満たすためだった
僕が絵を描く理由は

山田かまちのこんなオシャレな言葉、
私にはそれに相当する言葉はまだ見つからない。



猫の絵はちょっとおいておいて。


何を考えて描いているのか?
という質問はよくされるけれど、そんなこと聞かれたって、
描いてるときには、何も考えてないような氣がするか、
あるいは、
「ここにはカドミウムレッドをおこうか、それともコバルトブルーがいいのか。
いっちょこの辺に直線を入れてしめとくか。」とかいう、
質問した人が聞きたいような答えでは、ないものだ。

顕在意識で、しかも自分が自覚できる意識なんてものは、
そういった面白みのないものであって、
絵を描く根本に、「生・命・死・愛・存在・不在」というのもを、
考えることもなく考えているのはもう本人にとっては当然のことで、
いちいち意識していない。
ただ、まさにそれが絵の主題と言われたり、テーマと言われたり、
表現したい理由と言われるものであるのは、自覚できる。

それらは、潜在意識というほど見えないところに沈んではいない、
いやそうではなくて、潜在意識から私に見えるところまで盛り上がっている
よく言われる氷山の一角にも似た様相で、奥から深くから湧き出しては、
顕在意識の一番下を漂っているものだというのが私の思うところ。

だから、「何を考えてこの絵を描きましたか?」
という質問をされて困ってしまったり、不機嫌になったりする画家さんの
多いこと、よくわかる気がする。

私にこの質問をしたら、上記の話を一通りされると思っていい。

また、私の長くもない経験から、その絵を描いた時の心境というは、
込めようと思っていなくても、絵に表れてしまうということも加えて、
言葉を尽くしていくことが、
「何を考えて描いてるの?」の問いへの、今できる対応だ。
それ以上の良い方法、オシャレな方法も、今は浮かばない。

スポンサーサイト
【2008/06/28 23:05】 | 今おもうこと | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<伊勢神宮 | ホーム | ネコ漫画24サビ猫のススメ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hasuom.blog60.fc2.com/tb.php/159-45ed6a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絵描きのニッキ


脱皮を待つ龍の子ニッキ

プロフィール

蓮尾麻衣子

Author:蓮尾麻衣子
日々の表現について

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アフィリエイト・SEO対策 FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 JAOS認定留学カウンセラー 養成講座 DHCロゴ 伊勢丹 コスメ・コム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。