スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
愛し方
kiai




私は、あまり男の人を好きにならないかわりに、
一度、真剣に愛し合った人のことは、ずっとずっと愛している。

付き合った人は、何人かいるけれど、
本当に愛し合って、大事な時間を共有したと思えるのは、三人。

一人は、私を「異性だが親友だ」といってくれた。

一人は、「同じ絵の世界で生きる者として」今でも私の動向を、
気にしてくれるし、私は彼の生き様を尊敬している。

一人は、私が「画家として成功するのを信じている」と言ってくれ、
応援している、と言ってくれる。

私は、愛した人たちと別れる時は、三度ともこう誓っているのだった。

「もう、そばにいて、励ましあったり、温めあったりすることはないけど、
近くにいて、不満に思ったり、不用意に相手を傷つけることもない。
だから、私の意識のある限り、ずっとこの人を愛し続けよう。
二度と、この世に誰も味方のないような、底抜けの孤独に陥る必要がないことを、
遠くから、直接ではないが、どこかに伝わるよう、思い続けよう。」

その思いと。

自分自身が、幸せで、健康で、元気で、やさしく、強く、
絵を描いて生きること。

この二つだけが、心から愛し合うことができた人たちに、
別れた後の、私のできること。

だと思っていた。

私は、その人たちを忘れる日はないだろうし、
遠くから思うことくらい、彼らに愛する人ができても、
迷惑じゃないだろうから、一生続けてもいいのだと、
思っていた。

別れる時、「これからも、ずっと愛し続けるけれど、いいか?」
と、問うのだ。自分が、別れを決める(求める)方だったのに、
それは、聞かずにいられないことだった。

あまりにも多くのものを、恋人によって与えられて、
今の自分は、その経験なしには、考えられないものなので、
ずっとずっと遠くから、彼らの生活に、何の害も得も、
もたらさない愛を送り続けられば、この先も嬉しいし。
迷惑にならないなら、いいのではないかと。
思っていたのだ。


でも、そうでもないかも、と思い始めました。


自分の存在も忘れるほど、幸せになってくれることを、
ほんの少しのさみしさと、特大の幸せと喜びで、
祝福してきたのだけれど。

そうなっても、ずっと愛し続けていて、なんの問題もないと
思っていたけれど。

相手が、すっかり忘れてしまったのなら、
こっちも、忘れてしまうことが、愛し方としては、
適切なのかもしれないと、最近思いました。

私にとっては、愛してる人と過ごしたことは、何一つ欠けても、
今の私にたどり着けなかった、とても貴重なことだから。

相手にも、私のことを忘れても、
その時に見つけたことや、得たものがあったとしたら、
そのことは、できれば持ち続けて欲しいと思っているから。

それは、とても自分勝手なことだったのかも、しれません。

そばで何一つしてあげられなくても、ずっと、幸せを祈って、
応援し続けるのが、自分の愛し方だと。
直接何かをするわけでもないので、
これだけは、誰にも迷惑をかけないし、何を言われても、
やめることはないと。

ずっと思ってきたけれど、そうではないのかもしれない。

「まいこは親友」と言ってくれてた女の人を、自分のいい加減さで、
深く傷つけて知らないうちに、二度と会えない関係に、してしまったことがあります。
私は、彼女を(友人として)愛して、今でも幸せを祈っているけれど、
彼女は、私に思われることは、多分不愉快だと思います。悲しいけど。
事実だと思います。

それは、なんか、違うような気もするけれど。
それくらい、私は人の気持ちが変わることに、鈍感なので、
「ずっと愛していてもいい。」という気持ちも、変わっていくのに、
気付くはずがないので。

こんな風に、考える日が来るとは、思わなかった。
でも、考えるべきだったんだろう。




と、いうことで一つの基準を思いつきました!!
これは、友人たちにも、多分応用できます!!

DMを受け取ってくれてる間は、まだいい。

微妙すぎる表現だが、これでいこう。

すごくわかりやすい。
DMは、私が絵描きとして生きてる証だもんね。

受け取ってくれてる間は、遠くにいても、普段は忘れてても、
私は、ずっと君の味方だよ。
それも、鬱陶しくなったら、受け取らなければいいからね。
スポンサーサイト
【2006/08/26 22:48】 | 今おもうこと | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<白猫ぱむちゃん | ホーム | フルチン!>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/05/08 02:43】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hasuom.blog60.fc2.com/tb.php/17-c6cbc445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絵描きのニッキ


脱皮を待つ龍の子ニッキ

プロフィール

蓮尾麻衣子

Author:蓮尾麻衣子
日々の表現について

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アフィリエイト・SEO対策 FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 JAOS認定留学カウンセラー 養成講座 DHCロゴ 伊勢丹 コスメ・コム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。