スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
初恋の人からの手紙
結果を知りたいと言う、珍しい方がいたので。
しかし、なぜわたしがなかなか一人称「私」を使いこなせなかったこととか、
男と別れる時の台詞を知ってるのか、すごい謎。わたしがいなくても生きていける人なんかっ。

あー、好きな人とお花見したーい。←Hay feverでおかしくなってます。

--

麻衣子、元気?

もう自分のことを「ボク」とかは言わなくなったかな?あのころの麻衣子をなつかしく思います。

麻衣子が「他に好きな人ができた。私がいなくても大丈夫だよね!」と勝手なことを言って消えてから、もう18年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思って。ふふ。驚いたかな?

あのころの付き合いを思い返してみると、かなり自分だけが空回りしていたなぁと思います。麻衣子のほうがだいたいいつも余裕があって、電話できなかったり会えなかったりすると、なんだかんだとおれのほうが不機嫌になっていたなぁと。「好きな人ができたら言ってね」と言う麻衣子の余裕が、やけに自分には痛かったものです。というか別れるのを推奨されていたような…。

あ、そうそう、麻衣子からしてみればおれは初恋の相手でしたね。付き合った当初はやけに「恥ずかしい」という発言を連発していて、こっちが恥ずかしくなった記憶があります。今思えば、むしろ恥ずかしいのを好んでいたんですね。

まだ付き合い始めたころ、麻衣子は気分が盛り上がって「いつか必ず結婚しようね」って言っていましたね。おれは適当にごまかしたけれど、嬉しそうな麻衣子の顔を忘れません。後先考えずにそういうことが言えてしまうところも麻衣子らしいですね。

麻衣子との恋愛から得たものが何なのかなぁと振り返ると、たくさんのものがあることに気付かされます。特に、やや性格がキツめで男勝りな人をなんとか受け流していくという方法を学べたのは収穫でした。どうもありがとう。

いろいろ書いたけど、おれは麻衣子のことがそれでも好きでした。これからも麻衣子らしくいられるよう、あと、腹筋を割るという夢もそのまま追いかけながら、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 麻衣子がくれた霊魂が宿るとかいう石、そろそろ捨てていいですか?

--
◆診断結果URL
http://letter.hanihoh.com/r/?k=9c47d6fde1d5

◆TOPページURL
http://letter.hanihoh.com
スポンサーサイト
【2009/03/22 17:43】 | 絵仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<< | ホーム | へいふぃーばー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hasuom.blog60.fc2.com/tb.php/224-36a4cb53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絵描きのニッキ


脱皮を待つ龍の子ニッキ

プロフィール

蓮尾麻衣子

Author:蓮尾麻衣子
日々の表現について

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アフィリエイト・SEO対策 FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 JAOS認定留学カウンセラー 養成講座 DHCロゴ 伊勢丹 コスメ・コム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。