スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
オーディションの報告☆
*ネット配信と投票は、来週中らしいです!
 今日からだと思ってました。ごめんなさい!!
 アルタの画面でも、ダイジェスト版一分が流れます。
 またお知らせしますので、ブログを見に来てくださいね!*


午前11時45分集合・時間厳守。
内山田主任と経理ファイブ
初めての全員の顔合わせは、そこから始まるはずだった。
出かけようと思い、いつものように猫たちの所在を確認したが、
ぱむ(白猫)とゆめ(さび猫)の姿が見えないので、胸騒ぎがした。

脱走である。

しかも、キリちゃん以外の二匹の脱走は、初めてだ。
散々てこずったが、なんとか戻ってきた。うちの猫たちは、
私の甘い声には弱いのだ(例:「煮干をあげるから。」)。

私は負傷し(何年かぶりのたんこぶ)、猫たちは煮干をよこせと
騒いでいたが、約束の時間はとうに過ぎているのだ。
第一、煮干のストックが切れたことは、三日前に宣言したはずだ。

私は猫たちの機嫌をとれるだけとって、新宿に急いだ。
その先に待っているのが、リハーサルと称した
三時間にも及ぶカラオケ大会だとは知らずに。

そもそも、内山田主任と経理ファイブはプロの集団なのだ。
お絵かき担当の、私と加東画伯はプロの画家だし、
リードボーカルの前川サンはプロの整体師でありながら、
サラリーマンだ。
プロデューサー兼コーラス担当の宮本サンは、出版経験もある上、
プロの恐妻家として、顔出しを異常なほど恐れ、このような、
誰よりも目立つ、いでたちにならざるを得なかったという。

miyamoto.jpg




このプロの集団が、リハーサルに、三時間以上も必要なのか?と、
たんこぶを作る前に、疑問を挟むべきであった。

私は歌わないので、三人の熱唱を聞きながら、
ひたすら、肌荒れが三時間で治る方法について考えていた。

さて、やっとの思いで本番の時間が近づいてきた。
本当に長い道のりだった。その間に、総勢四人の私たちに対して、
親衛隊が、三人も集まってきた。

私たちの前には、三十路のアイドル「フリルピンクちゃん」が
歌って踊っていた。
無茶なピンクフリルのメイド服を着用しており、なかなか可愛い。
さらに、小室哲哉を少々たるませたようなマネージャーまで
引き連れている。最近のコムロを見ていないので、本人かもしれない。

しかし、心無い通りすがりが、「なーんだ不細工な女だな。」などと、
見当違いな野次を飛ばしたので、その倍以上の声で、

「えー、可愛いじゃん!華原朋美と同じくらい可愛いよ!」

と言ってやったら、幸いなことに野次馬は黙った。

とっさに朋ちゃんの名前が浮かんだのは、マネージャー氏が
コムロ似だと思ったからだが、周りにいた人たちも、
「絶妙の例えだ」と言ったことから、薄々コムロの影は感じていたはずだ。

フリルピンクちゃんの応援をして、バックで一緒に踊り、
もしかして彼女の応援にここまできたのでは?
と、思い始めた頃、私たちの番がやってきた。

ちなみにフリルピンクちゃんは、私に向かって、しっかり目を見て、
「ありがとうございました!」と言ってくれた。
(野次馬を撃退したことを、コムロ似が告げたのかもしれない。
 朋ちゃんより可愛いと言ったことも、伝えてくれただろうか。)

内山田主任と経理ファイブにおける私の役割は、
金魚を一匹描き、気が向いたらコーラスに参加
する(フリをして)、宮本サンのそろばんを奪って、
リズムを取る(フリをして、前川サンのリズム感を狂わせる)。
という非常に重要なものである。

重要度で言うと、主役の内山田主任と並んで重要な、
リードボーカルの前川サン、を差し置いて目立っている、
宮本サンの次くらいだ。

本番中、歌唱力には非の打ち所がないが、心地よい声かといわれると
答えに詰まる前川サンの歌声を聞きながら、
私は、やっとのことで、自分の画面映りが気になり始めた。

顔には、熱の後遺症のブツブツが、隠しきれないほど出たままだ。
上着には、サイズのよくわからないシャツを着ているため、
二人羽織のようになってしまい、豊満なバストも
くびれたウエストも疲労じゃくて、披露する機会に恵まれていない。
このシャツがジャストサイズと判断された場合、
肉襦袢の役割を果たす恐れがある。

不安要素は、次から次へと浮かんでくる。

「薄幸そうなイメージのため、目の下にクマを描いて欲しい」
と言う意見は却下したが。猫の脱走と、カラオケ大会に疲れ果て、
描いてもないのに、目の下のクマが標準装備されている。

昨夜、必勝祈願で食べたカツカレーが功を奏し、顔が(全身も)
むくんでいる気がする。(この、顔や全身がむくんでいる気がする。
というのは、ここ一年ほど都合の悪い時には、必ずそう思うことにしているので、間違いないのだ。)

しかしそもそも、私の演じる小林サンは、有限会社歌舞伎町商事の
経理担当であり、夜は女王様であり、疲れていてやる気がない、
という設定なのだ。
そこまで画面映りが良い必要はないように思う。

少なくとも、

グラビアアイドル並のスタイルを誇り、
女優にしてもいいような美貌と演技力だが、本人には
そのつもりはなく。
ひたすら、絵画に打ち込むひたむきさと、
ちょっとした遊び心を持った、
大人の色気と、少女のあどけなさを残した女性
として映っていさえすれば充分なのだ。

一言でいえば、普段の、ありのままの私が映っていれば
何の問題もない。

しかし、今日の衣装、健康状態、天候、内山田主任と経理ファイブ
の記事を書くと、ブログのアクセス数が激減するという事実、
宮本サンの恐妻ぶり、などから論理的に分析した結果、
ありのままの私が、画面に現れている可能性は、低いと考えられる。

このような深い洞察を、3分30秒の曲中に行った私は、
真剣に不機嫌になり、プロデューサー宮本サンと、観客に対して
理不尽な怒りを抱き、ひたすらガンを飛ばしているうちに、
フィナーレを迎えた。

*ネット配信と投票は、来週中らしいです!
 今日からだと思ってました。ごめんなさい!!
 アルタの画面でも、ダイジェスト版一分が流れます。
 またお知らせしますので、ブログを見に来てくださいね!
 そして、今日描いた絵は、新宿の中華料理屋さんに
 飾ってもらうみたいです。画像3参照。
 すごく美味しいので、一緒に行く人募集(勿論おごれよ)。*


200609161915000.jpg



200609162002000.jpg

スポンサーサイト
【2006/09/16 23:55】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<不安的中 | ホーム | 明日は歌舞伎町に集まろう!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hasuom.blog60.fc2.com/tb.php/26-e48c7197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絵描きのニッキ


脱皮を待つ龍の子ニッキ

プロフィール

蓮尾麻衣子

Author:蓮尾麻衣子
日々の表現について

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アフィリエイト・SEO対策 FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 JAOS認定留学カウンセラー 養成講座 DHCロゴ 伊勢丹 コスメ・コム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。