スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
大牟田人の性質
西日本新聞の記事のおかげで、
大牟田の人とのふれあいが、少し増えた。
ありがとうございます。

そうすると、つくづく思う。

大牟田の人間は、プライドが高い。

私は、自分を、なんでこんなプライドが高いんだろう?
と思ってたけど、これは一つの大牟田人の性質でもあるようです。

そして、これが社交性みたいのを左右してるようにも思う。
本当に今日の日記は、独り言ですが、
大牟田の人も、気を悪くしないで一緒に観察してみてね。


プライドの高さゆえに、非社交的に振舞ってるように見える人は、
多分、ただなにか漠然と自信が足りない。

私にも、そういうところがあったし、今も多少あるのだけど。
プライドの高さゆえに、踏み込むのが遅い・浅いように見えて、
ただ何かが怖いのね。ただわけもなく自信が足りない。
自信なんて、持つことに根拠はいらないし、踏み込まなきゃ見えないものが
沢山あるのに。
なにかを、いっぱい、あきらめたり、してきたのかな?

ちょっと違うかもしれませんが、私にとっては興味深かったのが、
mixiの大蛇山コミュにも、私が作った「大蛇山のおはなし」の
トピックがあるのだけど、面白いくらい放置されています。

まあ、興味が湧かなかったり、心に響かなかったりだったら、
仕方がないな、って思うんだけど。
わざわざメッセージをくださる人はいるの。複数名。
なんででしょう?トピックには、なにも書き込まないんです。
もちろんとっても嬉しいです。でも、不思議でしょ?

慎重にって思うのかな?人前で意見を言うのは慎重に?

やっぱり大牟田っていう土地の過渡期に、生まれたからかな?

炭鉱の町として大いに栄えて、廃れて、
同級生がどんどん引っ越したとか、家が傾いたとか、
子供の頃にそういう経験した人がいっぱいいるしね。
大牟田になにがある?って、炭鉱があるじゃん。
なんて、私たちは、もうピンとこない世代。

お年頃になれば、買い物は天神に行っただろうしね。
そうしたら、福岡市は大都会に思えるしね。
仕事も、どこか違う町で探して、って人がどんどん増えたでしょうしね。

だからといって、大牟田は、手付かずの自然の残る美しい町ってわけじゃない。

大牟田川は、異臭を放って、教室には空気清浄機がなきゃいけないくらい、
ぜんそくの子も多い町。私も小児喘息はひどかった。

微妙な町?
いろんな所に引っ越したりして、実際そう言われたこともあった。

私は住んでいた頃、幼かったせいか、世界で一番いいところだと
思っていたよ。
川は汚かった。喘息もひどかった。
幼馴染が夜逃げしたりした。

でも、ここに生まれて本当に良かったーって、思ってた。


今でも、やっぱりどこかでそう思ってる。

なんで?

なんの根拠もなかったかもしれない。
だけど、愛も自信も根拠はいらないよ

だって。生まれたところだもん。

それに、やっぱり、


大蛇山があるもん。
ああ、これは、ものすっごく大きいです。



大牟田の人でも、記事を引っつかんで、
わざわざ会いにきてくれたような人は、
大牟田があるがままに、ただ愛して。
自分が生まれたところを愛して。
劣等感とかあまりないんだろうな。

新聞記事に、大蛇山とか、大牟田出身って、載ってるだけで、
喜んでくれて、行動に移しちゃうような社交的な人には、
ただただ、あるがままに自信もある。

ところで、あの、おっちゃんはいい人だったな。
口が悪いのは本当に大牟田人ぽい。ムダに口が悪かった。
でも、二回も来てくれた。
なにより、私の年を「21歳」と間違えて言ったところが
すごく良い人だ。
*********************

明日から、このブログで大蛇山のおはなし、を連載していきます。
よかったら、また遊びに来てください。
スポンサーサイト
【2007/09/06 22:28】 | 今おもうこと | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<蓮尾麻衣子創作「大蛇山のお話」 1 | ホーム | 筑波大の卒業生として>>
コメント
takeです

自分は、東京の街へ来て、20年位の月日が経っています。

ニッキを読んで、考えさせられたと言うか、なぜか、

今までの東京の生活を、振り返ってしまいました・・・





毎年、大牟田には帰省しているのですが、

帰るたびに、なぜか落ち着きます、

山や海の匂い、体に染み付いているんでしょうね、

大牟田から東京に帰る時、気持ちを切り替えが

難しく、複雑な思いにで悲しくなります。

ニッキとは、関係ない事を書いてしまい、

すみませんでした。

書いていて意味が分からんくなったとです・・・


【2007/09/07 00:41】 URL | take #-[ 編集]
はじめまして。あなたの個展をFAX(西日本新聞)で教えてくれたのは、大牟田の友人です。「麟ちゃん、大蛇山の絵本ば書いてくれんね」といった男です。それは絵本『わらうだいじゃやま』(石風社)になりました。それだけに、ぜひともあなたの大蛇山絵本の原画を見せていただきたかったのですが、正午開場とあり諦めました。その時間は船橋(講演先)で食事と打ち合わせになっていました。残念でした。大牟田の情報は有明新報HP、大牟田からの独り言、異風者からの通信、から頂いています。いつかあなたの個展会場でお会いしたく思っています。お元気で。
【2007/09/07 06:49】 URL | 内田麟太郎 #-[ 編集]
私は、実家がもう大牟田にないので、今では
じーちゃんばーちゃんに会いに行くときだけ、大牟田に行きます。
でも、祖父母の家が、私の住んでいた本町や、よく行った新栄町の
あたりではないので、一度散策したことがあります。
一番ショックだったのは、新栄町(だったかな)の喫茶店さかなしが
閉まっていたことでした。もうひとつの方はあるみたいだけど。

私も関係ないことを書いてしまいました。
でも、なんとなくわかってもらえそうな気がして。
大牟田でバッタリ再会したら、おもしろいですね!
【2007/09/07 09:15】 URL | 蓮尾まいこ #-[ 編集]
ご訪問ありがとうございます!掲示板にわーっと現れて、わーっと去ってしまって、申し訳なかったなーと思っていたところです。
私のところにFAXを持ってきてくださった方も、中友小の大先輩のようでした。送信元は同じかな?
内田麟太郎先生も、中友小だと仰っていたような気がします。

個展会場以外でも、いつかお会いできそうな気がしてきました。
ありがとうございます。
【2007/09/07 09:20】 URL | 蓮尾まいこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hasuom.blog60.fc2.com/tb.php/71-864bd3e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絵描きのニッキ


脱皮を待つ龍の子ニッキ

プロフィール

蓮尾麻衣子

Author:蓮尾麻衣子
日々の表現について

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アフィリエイト・SEO対策 FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 JAOS認定留学カウンセラー 養成講座 DHCロゴ 伊勢丹 コスメ・コム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。